犬吠テラステラス

HOME > MAG > PEOPLE > 太陽の農園、サンズファーム

MAG

太陽の農園、サンズファーム

2018/11/28

「耕作放棄地が増える農村で、なんとか自然栽培で土地を守ろう」

その想いからサンズファームでは、銚子市の沿岸部の冬暖かく夏は涼しい風土を利用し、
キャベツ・ねぎ・大根・さつまいも・レタス・かぶ・青梗菜・枝豆・トマト・ブロッコリーなど、20箇所あるという自然栽培の畑から、様々な野菜を年間通しご家庭へお届けしております。新しい野菜の栽培にも毎年挑戦し続けています。

「土を汚さないこと」を最も大事としており、約20年前から無農薬・無化学肥料栽培を始められたそうです。

昨今の台風や自然災害の影響で作物への影響も深刻ではありますが、一般栽培も含め、全ての畑に除草剤をつかわない今の独自の農法を崩さず、野菜の品質には常にこだわっております。
GLOBAL G.A.P.(※)より世界基準の認定を受けております。

サンズファームでは、そのため、草や畑の管理には相当の手間を要しますが、作業ひとつ大切にしていき今の自然栽培スタイルを継続していき、安心安全でおいしい野菜をつくり続けていきたいと語っておりました。

◇GLOBAL G.A.P.認証書とは◇

GAPの頭文字はGood Agricultural Practicesの略。
国連食糧農業機関(FAO)によると、農業生産の環境的、経済的及び社会的な持続性に向けた取組みであり、結果として安全で品質の良い食品及び非食品の農産物をもたらすもの、である。
つまり、生産者の方々と連携を密に協同で、より安全で安心な商品を提供できるよう国際的に認められた機関が認証する資格。

認証の取得には、生産工程の管理、農薬・肥料の保管や使用状況の管理等を記録することが必須条件となっており、その作業により生産者が生産工程の効率化を図ることができ、農薬や肥料の管理を明確化し生産者とのコミュニケーションを円滑に行うことができ、
万が一事故が発生した場合、原因・責任の所在を明確にし、消費者の方が食される商品の安全性の向上を目指すことを目的としている。

◇サンズファーム Instagram◇
https://www.instagram.com/sunsfam/

◇サンズファーム Facebook photo◇

page top